おうちの快適な湿度

健康

あなたと家族、従業員の健康を守ります

室温が20度から24度、湿度が40度から60度の間が最も快適で過ごしやすいと言われています。これは医学的な観点からも良いとされており、あなたと家族や従業員の健康を守る大切な要素です。

あなたとあなたの家族のためのアクティブな健康保護
40 - 60 %

風邪や様々なウィルスのリスクを最小化

細菌やバクテリアによる感染のリスクは湿度40度から60度で大幅に下がります。室内環境を加湿システムで整えることで、一般的な風邪やウィルスのリスクを最小化することを実現できます。

冬の暖房で空気が特に乾燥する理由
40 - 60 %

なぜ冬の暖房は空気を乾燥させるのでしょうか?

夏にはより多くの水分を吸収し快適さを感じますが、冬は湿気の吸収が妨げられて空気が乾燥します。気温が低くなると相対湿度は急激に湿度は下がり、暖房の換気システムにより更に室内の空気を乾燥させることになります。

インフルエンザや風邪のウイルスのリスクを最小限に抑える
40 - 60 %

なぜ乾燥した空気がかゆみをもたらすか?どう防げばよいか?

冬は相対湿度40度以下となることが多く、皮膚のひびが出来たり、かゆみが増したりします。またひどい場合には炎症を引き起こしたりします。室内の湿度が快適に保たれている状態では皮膚の層が保護され、体全体に潤いをもたらします。

空気が乾燥すると痒くなる理由
40 - 60 %

無傷の涙液膜だけがあなたの目を保護しています。

目の涙液膜は環境の変化から目の表面を保護してくれています。しかし極度に乾燥した室内環境に目がさらされると、涙液は蒸発していきます。乾燥状態では涙液層は薄くなってしまいます。目の健康の為にも室内を相対湿度が40度から60度の間に保つことが推奨されます。

涙の膜がないと目を守れない
40 - 60 %

コンデアー・ヒュミライフは様々なライフスタイルを快適にサポートします

感染を少なくする

続きを読む

アレルギー

続きを読む

大切なアート作品

続きを読む

インテリア家具と床

続きを読む

大切な楽器

続きを読む

ワインセラー

続きを読む